2019.09.01

防災訓練と夏休みの最後

本日は、愛南町船越地区の防災訓練に参加です。

晩には以前から予定していたご近所さんたちとのBBQです。

 

 

人口の少ない小さな地域ですが多くの方が参加されています。

 

 

 

まずは、災害があり非難をした際に配給される非常食を皆で食べます。

の、ために並びます。

 

 

 

↑これ非常食です。

尾西の五目ごはん。

これ以外にも、チキンライスやワカメごはんなどもあり、メニュー豊富です。

 

 

 

お湯で15分。

ふっくらごはんです。

ちなみに真水だと40分ほどで食べられます。

 

その後は備蓄品や防災器具など、実際に非難した際に、何がどうなっているのか分かりやすい説明がありました。

 

 

 

そして地域の皆様と、防災減災の知識を共有するためクイズ形式の取り組みもありました。

↑これ分かりますか?

 

選択問題ではありますが、

問「大きな地震が起きた際に、最も重要なものは何か。」

 

 

 

A、「笛」

だそうです。

 

まぁ、実際に被災したその時の状況に応じる断片的な問いではあるのですが、

その状況に応じて対応できるように上の写真にある10個の物は可能であれば備えておくことが大切かなと。

 

崩落した建物にいなくて、なにもなくて「笛」だけあってもね。。。。

 

 

 

いずれにしても、常日頃から、「みなで学習」「みなで訓練」。

これを繰り返し行うことが重要だと再認識しました。

 

私が通っていた小学校体育館で懐かしい思い出を感じながら改めて防災減災について勉強させて頂きました。

 

西海の帰りに

でーーーーーーーーん

 

 

凪の素晴らしい景色。

 

 

 

そして、そのあと数時間だけ一般質問に向けた文言の作業をして、

以前から予定していたご近所さんとのBBQです。

 

 

 

子どもたちはやはりウインナーが好きですね

 

 

 

腹ごしらえして、暗くなってきたら皆で手持ち花火です。

 

自分の子どものころを思い出しながら、今、目の前で楽しそうに花火を持つ子どもたちを見て感慨深いものがありました。

 

皆、元気に育つんだぞーー

 

 

夏といえばホラー、心霊関係ですよね。

そんな写真も一枚提供します。

 

 

 

 

おわかりいただけただろうか。

 

 

肉を焼く楽しそうな家族のその後ろで、

おんぶをしようと両手を後ろに差し出す子と、それを見るベビーカーに乗るおサルのジョージの顔を。

 

 

ジョージ。。。。

 

 

 

↑手裏剣のおじさん。

に、習う子どもたち

 

 

 

↑何かわからんが、やられて騒ぐ手裏剣おじさん。

 

 

 

↑騒ぎすぎて怒られる手裏剣おじさん。笑

 

これもホラかーも笑

 

 

 

そんなこんなで、今日はとても充実した楽しい日を過ごさせて頂きました。

ご近所さんと交流ができて、良いリフレッシュになりました。

 

なにより子どもたち皆が楽しそうだったのが良かったかな。

少子化が全国で深刻な問題になってますが、こういった個人単位の交流の場を親が設けるのは大切ですね。

 

この町で、大自然の中で大きく育ってもらい、また外に出て学んだ知恵知識をこの愛南町に胸を張って帰ってこられるように。

出来る限りのことを考え続け取り組んでまいります。

魚
みかん

後援会事務所Office

中田こうたろう後援会事務所

〒798-4110
愛媛県南宇和郡愛南町御荘平城3740

Tel
0895-73-0500
Fax
0895-73-2822
E-mail
koutarou19850226@gmail.com